ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへの取り組み

2020年までに、300m²以下の住宅も平成25年10月に施行された省エネルギー基準への適合が義務化されます。 アーデルハウスでは、適合によりエネルギー消費量の減少を図るだけでなく、災害や価格高騰などで供給不安定となった場合にも 住まう方の暮らしが守られるよう、各々の住宅でエネルギーを自給自足する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(通称ZEH:ゼッチ)の普及を目指しています。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

【目標普及率】※当社受注件数におけるZEHの割合

平成28年度(2016)  5%(受注件数50戸)
平成29年度(2017) 10%(受注件数44戸)
平成30年度(2018) 20%(受注件数45戸)
令和01年度(2019) 30%(受注件数43戸)
令和02年度(2020) 50%
※2020.4.20 数値を更新しました

※アーデルハウスは一般社団法人 環境共創イニシアチブに登録するZEHビルダーです。